Komakuro

English/日本語

高校数学

数学を勉強する、数学の問題を解く、というのは考えることです。
決して公式を丸暗記することではありません
もちろん公式を丸暗記することが有効な場合もあることはあります。
しかし、そもそも公式というのは、よく出てくる手順(つまり<u>考える</u>過程)をパターン化したもののことです。
つまり、公式だけ覚えていても、その公式がパターン化している手順から外れている問題は解けません。
どの公式にも当てはまらない問題は、このやり方では絶対に解けません。
また、公式を使うとしても、どの公式をどうやって使うかは、結局自分で考えなければなりません。
逆にしっかりと「考える」という習慣がついていれば、よく出てくる手順だろうがなんだろうが自分で考えてしまえばいいわけですから、覚える公式は最小限ですみます。
そして何よりも、公式を覚えても、学校のテストや入試で数学の問題を解く、ということにしか役立ちません。
実務で公式が必要になったら、公式を調べればいいわけですから、<b>記憶をするなどということは基本的に役に立つことではない</b>のです。
逆に考える習慣を身につければ、それはあなたの人生を非常に豊かにするでしょう。
それでは、下から勉強したい分野を選択して、考える習慣を身につけましょう!