Komakuro

English/日本語

発音記号

apple(りんご)の発音は、しいてカタカナでかけば「アップル」となりますが、日本語における「アップル」という発音と全く同じというわけではありません。
そもそも日本語と英語は全く異なる文化で発展してきたものであり、英語の発音を日本語のカタカナで表現しようとしても無理があります。
そこで、英語の発音を正確に文字で表現するための方法として、発音記号(phonetic sign)というものを使います。
注意 発音記号は英語に限らず様々な言語に対応しています。
英語で使う発音記号はそのうちのほんの一部です。
apple の発音を発音記号で表すと、<phonetic><ae/><1/>pl</phonetic>となります。
それでは、個々の発音記号がどういうものか見ていきましょう。

母音

母音(vowel)とは、舌・歯・唇などを使って音を細工することなく、のどと口の形だけをつかって出せる音のことです。
日本語だと、「ア」「イ」「ウ」「エ」「オ」の5つが母音です。
英語の母音には次のようなものがあります。

<phonetic>i</phonetic>

はっきり「イ」と発音します。
この発音をするつづり:
<ol>
<li>i
<ul style="list-style-type:none">
<li>例: India <phonetic><i/><1/>ndi<e/></phonetic> インド</li>
<li>例: champion <phonetic>t<sh/><ae/><1/>mpi<e/>n</phonetic> チャンピオン</li>
</ul>
</li>
<li>y
<ul style="list-style-type:none">
<li>例: city <phonetic>s<i/><1/>ti</phonetic> 都市</li>
<li>例: study <phonetic>st<a/><1/>di</phonetic> 勉強する</li>
</ul>
</li>
<li>ie
<ul style="list-style-type:none">
<li>例: cities <phonetic>s<i/><1/>tiz</phonetic> (複数の)都市</li>
<li>例: studied <phonetic>st<a/><1/>did</phonetic> 勉強した</li>
</ul>
</li>
</ol>

<h4><phonetic><i/></phonetic></h4>
「イ」と「エ」の中間くらいの音です。
この発音をするつづり:
<ol>
<li>i
<ul style="list-style-type:none">
<li>例: live <phonetic>l<i/><1/>v</phonetic> 住む</li>
<li>例: invent <phonetic><i/>nve<1/>nt</phonetic> 発明する</li>
</ul>
</li>
<li>e
<ul style="list-style-type:none">
<li>例: event <phonetic><i/>ve<1/>nt</phonetic> 出来事</li>
<li>例: repeat <phonetic>r<i/>p<i/><1/><-/>t</phonetic> 繰り返す</li>
</ul>
</li>
<li>a
<ul style="list-style-type:none">
<li>例: village <phonetic>v<i/><1/>l<i/>d<zh/></phonetic> 村</li>
<li>例: message <phonetic>me<1/>s<i/>d<zh/></phonetic> メッセージ</li>
</ul>
</li>
<li>y
<ul style="list-style-type:none">
<li>例: symbol <phonetic>s<i/><1/>mb<e/>l</phonetic> 象徴</li>
<li>例: mysterious <phonetic>m<i/>st<i/><1/>(<e/>)ri<e/>s</phonetic> 神秘的な</li>
</ul>
</li>
</ol>

<h4><phonetic><a/></phonetic></h4>
日本語の「ア」とほぼ同じです。
ただし、アメリカ英語では若干こもった音になります。
この発音をするつづり:
<ol>
<li>u
<ul style="list-style-type:none">
<li>例: cup <phonetic>k<a/><1/>p</phonetic> カップ</li>
<li>例: bus <phonetic>b<a/><1/>s</phonetic> バス</li>
</ul>
</li>
<li>o
<ul style="list-style-type:none">
<li>例: love <phonetic>l<a/><1/>v</phonetic> 愛する</li>
<li>例: come <phonetic>k<a/><1/>m</phonetic> 来る</li>
</ul>
</li>
<li>ou
<ul style="list-style-type:none">
<li>例: touch <phonetic>t<a/><1/>t<sh/></phonetic> 触る</li>
<li>例: couple <phonetic>k<a/><1/>pl</phonetic> 2つ組</li>
</ul>
</li>
</ol>

<h4><phonetic>a</phonetic>と<phonetic><o/></phonetic></h4>
<phonetic><o/></phonetic>は、口の前の方は「オ」に近く、口の後ろでは「ア」に近い形で発音します。
<phonetic>a</phonetic>は、日本語の「ア」よりも口をおおきくあけて、舌の付け根からしぼり出すように発音します。
基本的にイギリスでは<phonetic><o/></phonetic>が、アメリカでは<phonetic>a</phonetic>が使われます。
この発音をするつづり:
<ol>
<li>o
<ul style="list-style-type:none">
<li>例: hot <phonetic>h<o/><1/>t</phonetic>または<phonetic>ha<1/>t</phonetic> 熱い</li>
<li>例: box <phonetic>b<o/><1/>ks</phonetic>または<phonetic>ba<1/>ks</phonetic> 箱</li>
</ul>
</li>
<li>a
<ul style="list-style-type:none">
<li>例: want <phonetic>w<o/><1/>nt</phonetic>または<phonetic>wa<1/>nt</phonetic> 欲する</li>
<li>例: quality <phonetic>kw<o/><1/>l<e/>ti</phonetic>または<phonetic>kwa<1/>l<e/>ti</phonetic> 箱</li>
</ul>
</li>
</ol>